サーチオールインワンゲル
ホーム > 育児 > 赤ちゃんの体重の増えすぎも成長と共に標準に

赤ちゃんの体重の増えすぎも成長と共に標準に

赤ちゃんの体重はミルクか母乳かで発育曲線が異なってきます。

 

ミルクのみで育てた場合は母乳で育てた赤ちゃんに比べて体重が増加しますし、赤ちゃんの個人差がありますので、周囲と比べて増加しているから増えすぎ・育児書よりも増えすぎているから問題の判断は行わないようにしましょう。

 

にっこり赤ちゃん

母子健康手帳の発育曲線から多少ずれているからといっていきなりミルクの間隔をあける、あるいは回数を減らすなどの行為は行ってはいけません。

 

定期検診で増えすぎているとの指摘がある場合にのみ気をつける程度で問題ありません。その場合も、対応については指示や案内がありますのでその内容に従うようにしましょう。

 

3~5ヶ月目の赤ちゃんで通常よりも太っているからメタボリックシンドロームのような病気につながるということはありません。

 

ハイハイや伝い歩きなどが始まると運動量が増えるので細くなり始め、1歳になる頃には標準となるケースが殆どです。

 

離乳食が始まる頃に、野菜を多くし糖分を控えさせるなどの食事にすることでも改善されます。

 

身長に対し、著しく体重のみ増加する、あるいは身長が全く伸びないという場合は病気の可能性がありますので、医師に相談しておくことが望ましいです。赤ちゃん オリゴ糖 液体