サーチオールインワンゲル
ホーム > 育児 > 小児喘息を改善する方法

小児喘息を改善する方法

小児喘息というのは、その9割がアレルギー性によるものです。

 

したがって、症状を緩和させるためにはアレルギーの原因となっているアレルゲンを取り除くこと、そして小児科に通院して治療を行う必要があります。

 

動物の毛やふけ、花粉、カビやダニなどが原因になっていることが多いようですが、卵や小麦粉、そばなどの食品がアレルゲンになっている可能性もあるようです。

 

発作が起きやすいのは季節の変わり目、9月から10月にかけての夏の暑さから急に冷え込む時期などのほか、夕方から明け方にかけての時間帯になります。

 

特に夜に発作が起きると眠ることも難しくなるため、翌日に響いたり、体力や免疫力が低下してしまうのが辛いところです。

 

赤ちゃんの場合は縦に抱く、子供なら枕や座布団を支えに少し起こしてあげると楽になります。

 

また、咳がおさまったところを見計らって軽く背中を叩いたり、お湯などが飲める状態の子は、ぬるま湯を3杯ほど30分ほどかけて飲ませ、ゆっくりと腹式呼吸をさせると痰が出やすくなり、スッキリできます。

 

そのほか医者から処方された頓服薬や吸入薬を用法と用量を守って使用してあげましょう。

 

 

まずは信頼できる病院に行って血液検査やパッチテストをしてもらって下さい。

 

早めに通院をして、適切な治療を受けることで大抵の場合は、思春期までに治癒する病気です。

 

夜間だけでなく、昼間も咳や呼吸困難がひどくなることがあるため、吸入器でステロイド剤の薬剤を服用することで、気管支の炎症を抑える効果があります。

 

病院で診察を受けると内服薬を処方してもらったり、生活習慣を改善するためのアドバイスをしてもらえます。発達障害はDHA効果で改善する

 

適切な治療を受けることで、だんだん症状が改善されてきてスポーツを楽しめるようになりますし、薬を服用しなくても症状が出なくなったら治癒しています。

小児喘息では、就寝して床についたら咳が激しくなることが多く、ゼーゼー、ヒューヒューと苦しそうな呼吸になります。

 

気管支が狭くなる体勢、つまり寝たり、他には寒い場所にいると呼吸が苦しくなることがあるので、気管支付近を温めてあげることが必要です。

 

また就寝する時は、ゆったりとしたパジャマや下着類を着用するようにしましょう。

 

温かいお風呂への入浴時は温かいために気管支が拡がるのですが、お風呂によるリラックス効果によって副交感神経が活発になり、これによって気管支を狭くしてしまう作用が働き、呼吸困難に陥ることがあります。

 

ですから入浴後は十分注意してあげましょう。

 

ダニからくるアレルギーが原因になっていることは大いに考えられますから、室内や布団を綺麗に掃除してダニ退治を行う事が大切です。

 

カーペットなどもそうですが、子どもが大好きなぬいぐるみこそダニが集まっている所ですから布団のように洗ったり、天気の良い日に干してあげるなどしましょう。