サーチオールインワンゲル
ホーム > 育児 > 赤ちゃんの便秘をどうにかしたい時の綿棒浣腸

赤ちゃんの便秘をどうにかしたい時の綿棒浣腸

便秘で真っ赤な顔をしていきんでいる赤ちゃんを見ていると、早く楽にしてあげたいですね。

 

赤ちゃんの便秘ですぐに試せるのは綿棒で浣腸してみることですが、初めて行なうときは少しこわく感じる人が多いようです。

 

デリケートな赤ちゃんの体ですから傷つけたら大変です。

 

そうならないためにも、正しいやり方をしっかりと頭に入れてから実践するようにしましょう。

 

綿棒浣腸は肛門を刺激することで、体の反射の働きによってうんちを出す方法ですが、肛門付近で便秘で硬くなった便がフタのようにふさがっているときは行なわないほうがよいようです。

 

このようなときに綿棒を入れると肛門周囲を傷つけて切れ痔になってしまう可能性があります。硬い便は小児科でグリセリン浣腸をしてもらい、まずはやわらかくしてから出すやり方が安全のようです。

 

 

行なうタイミングとしては、授乳後や食事の後の30分ほど経過した頃が腸の働きが活発になっているので良いといわれます。ただし、赤ちゃんに負担にならないように1日に何度も行なうのはやめたほうがよいようです。

 

赤ちゃんがいるご家庭にはベビー用の綿棒があると思いますが、浣腸の際に使うのはベビー用ではない通常のものが良いようです。ベビー用の綿棒は硬くて細いために、折れてしまったり、赤ちゃんの直腸を傷つけることがあるからです。

 

それで通常の綿棒の先を指で少しほぐしておいてから、その先に滑りを良くして傷つけるのを防ぐためにベビーオイルやオリーブオイルなどをたっぷりと塗っておきます。

 

赤ちゃんはオムツ替えをするときの体勢に寝かせます。お尻に綿棒にを入れているときに赤ちゃんが動くと危ないですから、片方の手で赤ちゃんの両足を持って、しっかり抑えておきます。

 

できるならもう一人に手伝ってもらい、一人の人がしっかりと足を持っておくようにするやり方が安心です。

 

綿棒浣腸すると、赤ちゃんがうんちを反射的に飛ばすことがあります。周りが汚れないようにオムツをお尻の下に敷いて、その周囲には新聞紙などで保護しておきましょう。

 

オイルを塗って滑りを良くした綿棒の先で、まずは肛門をツンツンと何度が刺激してみます。何も反応がないようでしたら、1cm~2cmゆっくりと入れます。そのまま何秒か止めて、その後ゆっくりと出します。

 

このやり方で2,3回繰り返してみて様子をみます。

 

それでもうんちが出てこないときは、また綿棒をゆっくりと入れて、今度は入れたまま肛門を広げるようにしてゆっくりと綿棒を回してみます。

 

2分間ほど行なっても出ないときは、それでやめておき、日を改めて試してみるか小児科でみてもらいましょう。

 

便秘は様々な原因から生じますが、繰り返させないためには日ごろから腸内環境を整えてあげて、便秘になりにくい赤ちゃんになるようサポートしてあげましょう。オリゴ糖 シロップ 赤ちゃん