サーチオールインワンゲル
ホーム > 前立腺炎 > 前立腺炎の薬セルニルトンについて

前立腺炎の薬セルニルトンについて

セルニルトンは医師の判断によって処方される薬です。

 

 

薬の作用としては主に3つに分けられます。1つは抗炎症作用になります。前立腺炎はもちろん、その他の部位にわたる炎症も抑える効果が確認できると報告されています。

 

2つ目は排尿を促す作用です。

 

膀胱の内圧を上げて排尿時に尿を押し出す力を後押しします。

 

 

 

3つ目としての効果は前立腺肥大を抑える働きです。

 

 

前立腺肥大に予防効果のあるサプリメントは、ノコギリヤシとペポカボチャ種子エキスが話題になっているんです。ノコギリヤシは前立腺肥大等の症状緩和効果があり、医療用として海外で使われているヤシ科の草木です。さらに、ペポカボチャの種は、ヨーロッパで従来から泌尿器系に効く薬草として利用さてていた植物です。

慢性前立腺炎と呼ばれる病気は、責任の重い仕事を任される30代から40代の男性を中心として多くみられる病気です。症状が比較的に軽い場合も多いことから、発症している事を自分では気付かない場合もあります。

 

 

だからといって放っておくと再発を繰り返してしまうケースもありますので、体調の変化に注意深く過ごして下さい。慢性前立腺炎には身体的なストレスばかりか、精神的ストレスも深く繋がっています。疼痛や不快感が軽度だと思っていると、泌尿器の不快感を我慢してその不快感によりストレスをためる事となり更に一層、症状が悪化する悪いサイクルを引き起こし、泌尿器科から心療内科や精神科へ  治療に行かれる人もいます。

 

 

積極的に摂取したい食品とは、前立腺肥大を防止する効果が認められるイソフラボン成分の大豆食品が推挙されます。そして、前立腺肥大を予防するテストテロンの分泌を促進するのが亜鉛です。亜鉛が多く入っているワカメ、昆布などの海藻類、レバーや牡蠣、アーモンドなどのナッツ類も欠かさずに摂取しましょう。診療機関で受ける検査は肛門より指を入れての直腸指診や血液検査・尿検査になります。細菌感染の有無の確認を経て、細菌性前立腺炎あるいは非細菌性前立腺炎に分けられます。

 

 

 

前者後者どちらのケースも頻尿であったり残尿感、排尿痛や勃起障害の症状が出る場合もあります。悪化させないためには具合の変化を感じたら診療機関で早めの診察をうける事が必要です。多くの男性は前立腺が、老化に伴い大聞くなる現象が認知されています。

 

 

人種や住んでいる地区に関わらず、中高年(厚生労働省の資料の一部によると、45歳から64歳までを指しているようです)過ぎた男性が加齢に伴い増加する性質が認めらています。

 

前立腺肥大は加齢により誰にでもなり得る症状です。

 

前立腺が肥大化する現象は研究が様々実行されていますが一番大きな原因は男性ホルモンに相関していることが判明しています。前立腺マッサージをした場合前立腺の働きは良くなり、排尿を促進します。温熱療法は前立腺を温める療法になり、前立腺の機能を正常化させる効果の期待ができます。

更にのぼせない程度にゆっくり入浴をして意識的に下半身を温めることで、前立腺やその周辺に見られる症状を緩和する効果が期待できます。ノコギリヤシ サプリ 前立腺炎