サーチオールインワンゲル
ホーム > サプリメント > サプリはあくまで栄養を補助するもの

サプリはあくまで栄養を補助するもの

「健康食品」とは、法律の制定があるのではなく、健康の維持や増進に効き目がある食品として販売・食用されるもの全てを表し、とても広い意味があります。健康補助食品や栄養ドリンク、サプリメントも健康食品にあたります。サプリメントなどはドラッグストア(それぞれの店舗で売り場面積が異なり、メガドラッグストアと呼ばれる大きなものからミニドラッグストアまで様々あります)でよく置いているので身近に感じられると思います。

 

サプリメントは通常の食生活で摂ることができない栄養素を、補充してくれる頼れる存在ではありますが、薬効成分はありません。その点は心に留めて、取り入れることが重要なのです。

 

元来、掲載されている分量以上を摂ることはしてはいけません。サプリの中には他の栄養素といっしょに摂ることで 効き方が良くなるサプリもあります。決まった成分を多く摂りたいときに、自然の食品であれば他の成分もいろいろと含有されているのである成分だけが極端に多く含まれるという現象はあまりありません。

 

 

 

反対にサプリメントなどは決まった成分や栄養素がカプセルや錠剤などに濃縮されてはいっているので食品に比べて過剰に取り入れることになりがちです。お茶やコーヒーのもつ独特な渋みや苦みは、ポリフェノールの作用によるものです。緑茶にはカテキンなどが含まれていて、ガンの抑制やアレルギーを抑えるのに役立ちます。

 

コーヒー独特の苦み成分であるクロロゲン酸は胃酸の分泌を促して胃の働きを助けたり、肝硬変の予防に役立ちます。ココアに多く含まれるポリフェノールにも、虫歯の予防効果やストレス解消・ピロリ菌を抑える働きもあるそうです。

 

他の野菜にも含まれていますが、強い抗酸化作用があることが分かっています。

生活習慣病や老化の予防に役立ちます。

食中毒を予防したり、ピロリ菌に作用して胃炎や胃がんの予防などにも効果的と言えますよね。

 

口臭が発生する場合もあります。鉄分は赤血球を造り出すミネラルです。赤血球の構成成分であるヘモグロビンを造りだし、さらに酸素を体中の細胞に運ぶ機能があります。

鉄が不十分な状態がつづくと、酸素が全身に送られなくなるため、顔の色艶が悪くなったり、貧血によりめまいや立ちくらみが起きてしまう事もあります。

 

鉄分が多い食品としてレバーが代表格です。豊富な食物繊維が毎日簡単に簡単に摂れる健康食品に、フルーツグラノーラが人気となっています。グラノーラはオーツ麦や麦、玄米などの穀物にハチミツなどを混ぜて焼いたシリアルで、ドライフルーツがふんだんに加えられています。

 

 

 

オーツ麦とドライフルーツにはどちらも食物繊維が豊富で栄養素がたくさん含まれています。

 

この二つの相乗効果で、大腸の働きをより働きを高めてくれます。天然の色素成分のカルテノイドは、水には溶けずらくて、油に溶けやすいという性質があります。自然界には700とも750とも言われる種類のカルテノイドが在るとされていますが、それらの生理作用は人間の体に良い作用が有ります。

しかし人間自らが生成することができないので、淡色野菜や緑黄色野菜などを意識して食べるといいですよ。慢性膵炎 サプリメント