サーチオールインワンゲル
ホーム > 糖尿病 > 糖尿病は放置すると悪化する病気

糖尿病は放置すると悪化する病気

何もせずに放置していると症状は進んでしまい、合併症が目に現れる可能性があります。目の合併症で多く見られるのは糖尿病網膜症というもので、初期症状がハッキリとでるのは稀で気付きにくいという特性があります。

とは言え症状が進行すると周囲が歪んで見えたり、ゴミのようなものが見えたり、視力低下など、最悪の場合には失明をする危険もあります。

脂肪肝が恐ろしいとされているのは、狭心症であったり心筋梗塞(普通は突然起こり、入浴の前後や運動の後などに起こりやすいでしょう。脱水症状が引き金になることも多いようです)などの心臓病、脳梗塞などの血管系の疾病を誘因する可能性があるためです。

 

 

 

脂肪肝の一番の原因は、運動不足やカロリーの摂りすぎです。

 

摂りすぎたカロリーが持とでコレステロールや中性脂肪が肝臓にたまってしまうのです。

特に30代~40代の人に脂肪肝を発症する人が増加していて、過去10年間で2倍以上の増加が確認されていますよね。インスリンが過度に出過ぎる状態は食欲が増して、脂肪の吸収や合成を高め、その取り込みを活性化したり、また脂肪組織についた脂肪が分解されにくくなり、脂肪がしつこく蓄積します。

 

 

なんとなくというと、一度インスリンが過剰になると、また、食べ過ぎや肥満も進んでいき血糖濃度が上がりやすくなる悪いサイクルに陥ってしまうのです。

 

単純にご飯の量を減らしさえすればいい所以ではありません。1日の活動に合わせたエネルギーの量は背格好や運動量によって人それぞれまちまちです。ゆえに、まず自分に必要なエネルギー量を合計してみて毎回食べている量が自分の最適なエネルギー量を超えていないかを確認する必要があります。

 

糖尿病腎症にかかると腎臓で尿をつくる機能が低下し、人工透析を行わないと不要物や老廃物を自力での体外への排出ができず、寿命を縮めてしまいますよね。ですから、糖尿病腎症にかかった場合には、毎週2回~3回くらい診療機関で人工透析をする生活をつづけるようになるので、日常生活に大変な支障がでることになります。

 

糖尿病による喉の渇きの症状を防ぐためには、糖分の摂りすぎを控えることと、食後はウォーキングなどで軽く体を動かして摂取した糖分は早めに体外に排出させることで症状の改善がみられます。ですが、インスリン注射を受けていたり血糖値を下げる薬を飲んでいる場合には、低血糖を起こしかねないので、医師と相談をしてから運動をしましょう。

血液の中に糖分の濃度が高ければ尿の量と回数が増えてきます。

また体内から必要な水分までもが尿としてどんどん出るので脱水状態となり口渇感が表れます。そしてエネルギーの基になる糖が正常に活用されないことによって食べても食べても痩せてしまったり絶えず空腹感が続いたり全身のだるさや体重が減少などの症状がでてきます。

 

 

 

若い人は体をよく使い新陳代謝も活発なのでカロリーが高いものをよく食べていても消費することができます。

ですが味や食の好みは何歳になっても替らない傾向にあり中年に指しかかっても同じ様にずっと食べつづけていると、肥満と連動して糖尿病を発症することが起こります。糖尿病 予防 サプリ