サーチオールインワンゲル
ホーム > 乳酸菌 > 乳酸気がIgE抗体の生成を抑制する

乳酸気がIgE抗体の生成を抑制する

乳酸菌を摂取し続けることがアレルギーに効果があると言われています。

 

これというのも、乳酸菌は人体の免疫機能を調整する働きがあるためです。

 

そもそもアレルギー症状は免疫の異常によって生じます。

 

免疫というのは、人体に害となる病原菌やウイルス、有害物質などを体内から体外へと追い出すシステムのことです。

 

ところが免疫に異常をきたすと、無害な物質にまで過剰に反応して攻撃してしまいます。その結果、皮膚に湿疹や蕁麻疹が生じたり、目や鼻が痒くなったりといったアレルギー症状があらわれることになります。

 

特にアレルギーに関しては免疫細胞であるヘルパーT細胞のうちのTh2細胞がかかわっています。

 

この細胞が指令を出すことで、IgE抗体というものがつくられ、これがアレルギーの原因物質と結びつくことで様々なつらい症状が生まれます。

 

しかし、特定の乳酸菌は、このTh2細胞の働きを抑制し、IgE抗体が増えすぎないように働きかけます。

 

その結果として、アレルギー症状も軽減する効果があるというわけです。

 

ところで、免疫システムは体にとってなくてはならない重要な部分ですから、抑制されすぎてはいけません。

 

薬などを多用すると、免疫力自体が下がってしまって、アレルギー症状が軽減できても他の部分で体調不良に陥ることがあります。

 

乳酸菌は、免疫力自体を高める効果がありますし、ガンや高血圧、糖尿病など生活習慣病の予防としても有効です。

 

健康全体を高めてくれる乳酸菌習慣はおすすめできます。特に乳酸菌を増やすオリゴ糖をたくさん摂りましょう。オリゴ糖のシロップと粉末の大きな違いとは?